読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

glitter ゚.*・。゚*゜

君に出会った瞬間、運命が笑った。

オタ卒のキッカケ

ジャニオタなら誰もが知っている『担降り』という言葉。
それぞれが色々な葛藤を乗り越え、やっとの思いで決断する。


…………と思っているのはわたしだけでしょうか(笑)


興味がなくなったからファンやめる、とかそういう簡単なことじゃないとわたしは思んですよね。わたしも、担降りではないけど、好きだったグループのファンをやめたことがあって。

やめた理由が理由だから書こうか迷ったんだけど、この気持ちを忘れたくないので記事に残します。不快に思われた方がいたら申し訳ないです。


わたしがファンをやめたグループは、EXOっていう少女時代の後輩グループです。


2013のSMTに参戦したときに、2010くらいのSMTから参戦してたんだけど、ソシいがいの曲全然しらなくて(笑)
ソシ以外に好きなグループ作りたいなって思ってたし、曲とか知ってる方が楽しめると思ったからいろいろ勉強してたんだよね。まあ、人数も多かったし、エクソは名前覚えるの間に合わなかったんだけど…それで参戦し終わった後も、エクソのMV見て頑張って名前覚えて、気づいたらファンになってたかんじ。最初はギョンスが好きで、後々べくペンになってくんだけど…
ちょうどショータイムとかも見れて、運のいいことにグリパにも行けて。

わたしにとって少女時代は初めて好きになった芸能人で、特別だったんだけど、エクソが初めて掛け持ちしてでも応援したいと思えたグループなんだよね。

そしてグリパが終わって一ヶ月後ぐらいにクリスが脱退してしまって。
泣いたりはしなかった。韓国のアイドルってけっこう脱退とかあるし、エクソは人数も多いから時間の問題だと覚悟はしてたし。
でもそのときはまだ応援しようと思っていて、クリスがいなくても頑張る彼らを見ていたいと思った。

そして一ヶ月後。

テヨンちゃんとベクの熱愛報道。
わたしは少女時代のサイン会に行くっていう夢の次にテヨンちゃんとベクが付き合う!っていうくだらない野望を持ってて、そのまさかが叶っていたから泣くほど嬉しくて。ベクにテヨンちゃんを任せられるかどうかは別として、単純に嬉しかった。
まあそれから当たり前だけど2人の悪口のオンパレード。どこを見てもテヨンちゃんの悪口。本当にツイッターを開きたくなくて、ツイッターを開いて悪口を見てイライラしたり悲しくなったりのくりかえし。
テヨンちゃんとテヨンペンも、もう限界だった。

………っていう話はまた今度にして笑

その時もエクソペンをやめるつもりはなかった。
でも8月ぐらいかな?
セフンとかタオのあんまりよくない噂が出回り始めて。タオはなんだったか忘れちゃったけど、セフンはけっこうひどかったような。
いや、まあ、あんなのを信じるのかっていったらそれまでだけれど。
あれでけっこう冷めたかな。

それからシカちゃんのことがあって、エクソのことを考える余裕もなくて、そしたらルハンもいなくなって。

ほんと、おまえ誰が好きなんだよって話だけどベクの次にルハンが好きだったんだよね。だから驚きはしなかったけどそれなりにショックはあって。
でもそれどころじゃないくらいソシのことで大変で、辛くて、どうしたらいいのかわからなくて。


それからインスタで色々とメンバーのことやらについて言及したりとか。
当時のわたしには全くそれが理解できなくて。

インスタで色々と言ったらファンが揉めるだけじゃん。不安にさせるだけじゃん。なんでわざわざ言うの?

フォローを外したりなんだりで本当に色々ともめて。別に事務所の指示だろうが本人の意思だろうがどうでもよかった。メンバーの関係性に期待しなくなった。

そこから少しずつ、確実にエクソから気持ちが離れていった。年末にはエクソに対する気持ちはだいぶ冷めていた。

そしてもうファンをやめようとしっかりも思ったきっかけ。それは4月に行われたファンミーティング。

もちろん応募すらしてないというかファンクラブに入ってないから応援資格すらなかったんだけど、ツイッターで流れてくるレポやらなんやらを見ていて、本当にくだらない些細なことだけどすごく気になったことが何個かあって。
それがメンバーのファンサについて。
チャニョルくんを筆頭に可愛い子にしかファンサしないってやつ(笑)
ほんっとくだらないんだけど、これが本当に気になって。
あり得ないくらい自分のファンを無視して、自分のファンじゃない可愛い子にファンサしてたっていうツイートをいくつも見つけて、あり得ないって思った。

そしてそれを「さすがだわwww」って言ってるファンも信じられなかった。"アイドル"を求めているわたしからして本当にあり得なかった。失望という言葉に近かった。
それに、「目が悪いので二階席の人は見えてません」発言。


そして二階席だったファンが口を揃えて言ってた「完全に傍観者。全然楽しくない」という発言。

ああ、わたしが応援したいグループの姿じゃないな、と思った。

正直、ドーム公演のはなしを聞いて、彼らにドームにいる全員を楽しませられるのか?と思った。

わたしは12人のエクソの空気感が好きだったし、純粋に頑張る彼らが好きだった。
真偽は別として、よくない噂が出回る度に呆れたし、失望した。

そしてなにより、ファンの人とは合わなかった。
プロフィール欄に「ソシペンお断り」「テヨン嫌い爆笑」

無理だ、と思った。
なにかとお騒がせなファンが多くて、もちろんそんな人ばかりではないのはわかってる。
だけど全く関係ないソシのことに首を突っ込んできてテヨンの悪口、ソシペンの悪口。テヨンちゃんのインスタのコメント欄に「나도 백현사랑해요(わたしもベッキョンを愛してます)」って書きまくったり、もうダメだと思った。

グループも変わってしまった。
ファンを受け入れられる気がしない。

わたしは完全にファンを卒業しました。


たかが一年でなにがわかるんだ、噂だって本当じゃないはずだ、そんなファンばかりじゃない。


わかってます。でも好きでいることに疲れたんです。今までみたいに素直に応援できないと思ったんです。

ファンを卒業しようかとものすごく悩んだわけではないけど、エクソから確実に気持ちが離れてる自分を認めるのが怖かったです。

だけど、今は自分の中で踏ん切りをつけて決別しました。いがいとすんなりと卒業できました。


オタ卒って人それぞれ、好きじゃないのになかなかできない人とか、ばっさりとできちゃう人とかいると思うけど、わたしは少しずつ確実にしてくタイプでした。


オタ卒してから半年以上経つけど、ぶっちゃけ楽しいです。
もう、大好きな人の悪口を見て悲しくなる必要もないし。




とまあ、案外すんなりオタ卒できたわけです。
これが少女時代やNEWSならなかなかオタ卒できないと思うけどね(笑)